About
政治思想、哲学、格闘技、時事問題について、つれづれ書いています…(more)

▽作者: Hermeneus

ブログ表紙に戻る

English blog

ホームに戻る



TB People
政治・社会思想


Blog portals

Monday, January 21, 2008




cheetos
Flamin' Hot Cheetos
Flamin' Hot Cheetosという日本では売ってないチートスの激辛バージョン(フリトレー社製)。これが文字通り「病み付き」になるほどウマい。どれくらい「病み付き」かっていうと、アメリカの小学校で子供が食べるのを禁止するほど(NPR, "Kids Love Hot Cheetos But Schools Hate Them," May 9, 2006)。

まず、色が毒々しく、いかにも健康に悪そうな人工着色料的な赤さをしている。袋から直に食べているとその色が手にベットリと付く(ほんと層になるくらい)。

味も激辛だから、お腹が弱い人が食べれば下痢する公算高し。で、トイレに行くとチートスのおかげで便までも真っ赤な尋常じゃない色に染め上げられていて、便器の中はまさに地獄絵図。予備知識無くその様を最初に見れば、大腸ガンか何かとんでもない病気にでも突然かかったんじゃないかと心配になること受け合い。

ベースのチートスも、コーンを油で揚げてチーズ加えた菓子だから、コレステロールの塊のようなもの。どう考えても体によろしくない。

そして何より病み付きになるほどの「うまみ」がある(辛いだけなじゃい)。この点が日本のカラムーチョやハバネロなどとは比較にならない。それで、健康に悪そうと思いながらもやめられないのである。

米フィラデルフィアにあるモネール化学感覚センター(Monell Chemical Senses Center)の食品嗜好専門科(food preference expert)であるマーシー・ペルチャット氏(Marcy Pelchat)によると、このチートスを食べると三叉神経が刺激され、それがもたらす不快感を押さえるためにエドルフィンが分泌され、ハイになってしまうとか何とか。まるで非合法ドラッグのような言い様。

日本では販売していないので、国内で入手するにはアメリカから直接取り寄せるか、アメリカの食品を扱ってる在日米国人向けスーパーなどで購入するしかない。アメリカなら普通のコンビニでも売ってる(ただ、レギュラーのチートスと比べると置いてない店も多い)。

追記:ドリトス版もあって、こっちも負けず劣らず美味かった。

関連記事(外部):

Labels:

Posted at


この記事へのコメント

Subscribe to Post Comments [Atom]

この記事へのバックリンク:

バックリンクを作成する







Calendar


Search




Categories


Previous Posts


購読

GFDL



にほんブログ村

Powered by Blogger